夜勤で体調がおかしくなる実際の体験と体調不良の時の対応方法

夜勤で体調がおかしくなる実際の体験と体調不良の時の対応方法

夜勤をやってると体調もおかしくなるって本当かな?

実際に夜勤でどんな幹事で大勝がおかしくなるのかな?

体がおかしくなった時の解決方法とかあるのかな?

こういった疑問にお答えしています。

本記事を書いた理由

18歳から29歳まで工場の夜勤をやっていました。

夜勤をやってると体調がわるくなることがホントに多かったです。その経験をシェアしたくて記事を書きました。

本記事の内容

スポンサーリンク

夜勤で体調がおかしくなる実際の体験

夜勤で体調がおかしくなる実際の体験

工場の夜勤で3交代制をやっていました

昼勤8:00~17:00
準夜勤17:00~12:30
深夜金12:30~8:00

こういったシフトです。こういったシフトで交代勤務をやってると出てきた体調不良外貨の通りです。

・頭痛・吐き気がでてくる
・肌が荒れてアレルギーが出た
・夜勤明けで眠れない
・睡眠薬をつかった
・甘いものを食べるようになって消化不良をおこした
・胃が悪くなって、病院に何度も行った
・運動ができなくなって、体型がオッサン体型になった
・顔にしわができて老けた 20代なのに・・・・
・20代なのに白髪が出てきた
・イライラして性格が悪くなり彼女とケンカばかり
・性格が悪くなったと両親に言われた
・うつ病になった

頭痛・吐き気がでてくる

夜勤を始めたのが18歳のときでした。

まず夜勤をするようになって、最初の体調不良が

「頭痛と吐き気」です。

夜勤が明けて、朝から寝て昼間に起きた時に「頭痛と吐き気」が出てきました。

起きたときに頭痛と吐き気があるのってどうしでだろう・・・・

自律神経が乱れて、頭痛が起きるんですね。あと、朝ねる前に軽く食べてから寝ていたので、消化不良を起こしていたみたいです。

私は胃腸が弱いほうだったので、寝る直前にものを食べると、消化しきれなかったんですね。

それからは、夜勤明けで朝寝るときには、なるべく食べないようにしたんですが・・・・

あまりに空きっ腹だと眠れないので、やっぱりちょっと食べるときもありました。そうすると吐き気が出る・・・

これはずっと夜勤のない仕事をするまで治りませんでした。

夜勤で起こる頭痛や吐き気については夜勤で吐き気・ゲリ・胃が痛い 腹の調子が悪くなる理由と解決方法の記事でくわしく説明してるのでごらんください。

肌が荒れてアレルギーが出た

夜勤をやるようになって20歳くらいから、かなり肌が荒れました。

もともと子供のころから軽いアトピーがあったのですが、夜勤をやるようになってから、アトピーが出るようになりました。

・睡眠不足でホルモンバランスが乱れて、成長ホルモンが減った
・夜勤のストレスで、甘いものを食べるようになって炎症を起こした

こんな理由で肌が荒れてきました。

特に顔の肌荒れがひどくて、肌荒れ自体もストレスになって、夜勤を辞めるまで治りませんでした。

※顔の肌荒れが治らなかったのが、夜勤のない仕事に移った大きな理由の一つでした。

夜勤明けで眠れない

夜勤明けで、朝から眠れない・・・・

これはホントによくありました。

もともと、ちょっとしたことで目が覚める感じの敏感なタイプだったので、朝の物音とかでも簡単に目が覚めてしまってました。

朝は、部屋を完全に真っ暗にして耳栓をしてなんとか眠れるくらい・・・・でした。

※夜勤で質のイイ睡眠のとり方は夜勤で質のイイ睡眠を取るコツ【仮眠・サングラス・カーテンの重要性】の記事にくわしく書いてるのでどうぞ。

 

神経質な性格だったりすると、なかなか朝から眠れないことが多いです。

どうしても睡眠不足になって、さらに体調が悪くなっていきました。

25歳以降になると、朝はさらに眠れなくなってきて、睡眠薬も飲むようになりました。

睡眠薬をつかった

疲れていても朝だとなかな眠れいないので、疲れがピークになっていました。

そこで、病院に行って相談すると「睡眠薬を使ってみましょう」ということでした・・・

正直、睡眠薬は使いたくなかったのですが、眠れなくてフラフラしていたので、睡眠薬を使って寝ていました。

25歳~29歳くらいまで夜勤のない仕事をするまで、眠れない時には睡眠薬を使っていました。

とはいえ、酒をたくさん飲んでアル中になるより、ぜんぜん睡眠薬のほうが体の負担は少ないです。

25歳以降は睡眠薬がないと、とても夜勤をやっていられませんでした。寝れないですから。

ただ、このままずっと睡眠薬を飲み続けるのは正直怖かったです。

工場の同僚に聞くと意外と睡眠薬を使ってる人が多いに二ビックリしました。

「俺も飲んでるよー」

って、明るい感じでサラッと言う人が多かったです。

あまり自分から言う人はいませんが、夜勤をやってる人で睡眠薬を使ってる人はかなり多いハズです。そうじゃないと、やっていけないよ・・・ってのは夜勤やってて体感しました。

睡眠薬を使ってまで夜勤をやるってのに、かなり違和感と危機感を感じていました。

睡眠薬の使用については夜勤で眠れないけど睡眠薬は怖い?正しく使えば体調がよくなる理由の記事でくわしく説明してるのでどうぞ。

甘いものを食べるようになって消化不良をおこした

夜勤をやってると、ホルモンバランスが乱れて、食欲が出てきます。

食欲を増すホルモン・・・・グレリン
食欲をおさえるホルモン・・・・レプチン

これが、睡眠不足になると

グレリン>レプチン

になるので、夜勤をやると食欲がふえます。

くわしくは夜勤で太りやすい理由と対策方法【ホルモンやビーマルワンが関係する】の記事で説明してるのでごらんください。

夜勤をやってるとついつい食欲が出てきて、しかも甘いモノを食べたくなりました。

胃腸が弱いのに甘いモノをたべるようになりました。

・クッキー
・コンビニの菓子パン
・チョコレート

これが一番、体にダメージを与えてくれました。

甘いモノをたべると胃腸が悪くて消化不良を起こしてハラが痛かったです。それでも食べたい・・・といった状態でかなり夜勤のストレスがたまっていました。

さらに、甘いものを食べると、上に書いたアトピーの肌荒れもさらにひどくなってきました。

※アトピーにはクッキーに入ってるマーガリンとかの油や、砂糖、小麦粉はかなり悪いです。炎症を悪化します。チョコレートもカカオは体にはいいのですが、普通に売ってるチョコは大量に砂糖が入ってるのでこれもアトピーにはかなり悪かったです。

 

夜勤のストレスでどうしてもお菓子を食べたいときには、体にダメージの少ないお菓子を食べるのベターです。【参照】夜勤で太らない・体にイイおススメのお菓子【体に悪いお菓子もご紹介】

胃が悪くなって、病院に何度も行った

甘いものを食べるようになってから、胃が痛くなることが多くなりました。

「これはやばいかも・・・」

と思って、消化器内科に行ったりしました。

胃カメラを飲んで検査したら「胃炎」で特に問題はありませんでした。

とはいえ、胃痛は治りません。

夜勤のストレスの神経的なモノ
甘いものの食べ過ぎの胃痛

がダブルで胃に負担をかけてる・・・・ということを言われました。

それでも甘いものがやめられず、胃はイタイし、肌は赤くなって荒れるし、眠れないし、睡眠薬は飲むし・・・・と健康状態がかなりわるくなってきました。

このときには27歳くらいで、

「夜勤をこのままずっと続けてくのはムリだろう・・・」

と考えるようになってました。

運動ができなくなって、体型がオッサン体型になった

夜勤をするようになって、23歳くらいまでは筋トレをやっていました。

しかし、24歳くらいから夜勤の疲れがたまってきて、筋トレもやらなくなりました。

工場の仕事は、体は動かしますが、運動にはあんまりなしません。同じ動作をするので、手首やヒジがいたかったりすんですが、筋力はたいしてアップしないです。動かないよりはマシですが・・・

運動をしてないので、体もかなりダルンダルンになってきて、20代の後半になるとハラも出てきました。

ただのオッサンの体型になってきました。

睡眠不足・運動不足・甘いものを食べている・・・・こういうのが重なって、自分の体型もかなり無残なものになってきました。

夜勤を始めてから、体の調子がイイな・・・と思うったことはほんとに一度もありませんでした。

顔にしわができて老けた 20代なのに・・・・

26歳くらいになると、顔にしわができてきました。

寝不足なのもあって、目の下にクマができていて、目じりや目の下にそのままシワができてきました。

睡眠不足でホルモンバランスが乱れる→成長ホルモンが少なくなって老化が早くなる
甘いものを(砂糖)をたくさんとったので糖化で老化が進む

 

糖化について

糖化とは、食品に含まれるタンパク質や脂質が糖質と結びついて劣化する反応のことで、そのときAGEという老化を促進させる物質が発生します。

たとえば唐揚げやステーキ、トーストなど、こんがりしたおいしそうな焼き色がつく時に糖化が起こり、AGEは生まれる。食事そのものにも含まれますし、体内で毎日少しずつ、化学反応によっても生まれます。

関節や眼球、血管など、新陳代謝のスピードが遅い場所ほどAGEは蓄積しやすく、悪影響を及ぼす。たとえば肌の奥にAGEがたまっていくと、弾力性や柔軟性を保つコラーゲン線維の機能が低下し、硬い皮膚になったり、しわができやすくなる。

肌が黄色っぽくくすんでくるのは、AGEが茶褐色の物質のためだという。肌の中で起きるAGE発生は、20代後半から始まり、少しずつ蓄積されていくといわれる。

出典 文春オンライン

こんな感じで20代なのに、シワができてオッサンになってきました。

夜勤でちょっとだけ給料が増える代わりに、体が老化していくのは夜勤で寿命が縮むというのもなっとくできます。

【参照】夜勤で老ける理由と対策方法【睡眠・ホルモンバランス・食事】

20代なのに白髪が出てきた

27歳のときに白髪が出てきました。

そのときは「え????」って思ったんですけど、頭の横のほうの髪の毛から白髪が出てきたんですね。

20代なのに白髪って・・・・

と思ったんですが、ストレスがたまり続けているとフツーに白髪は出るみたいです。

白髪を治すためにやったこと

・亜鉛のサプリを飲んだ
・油っぽいモノを食べないようにした
・鶏肉などの良質のたんぱく質を食べるようにした
レ亜鉛のサプリを飲んだ

白髪対策でこれが一番効果がありました。

亜鉛を飲むと、白髪減って、髪の毛が薄い感じもちょっとずつ改善されました。

レ油っぽいモノを食べないようにした

マックのポテトとか、ポテチ、フランクフルトとかをよく食べていたのですが、これをあめました。

脂っぽいモノを辞めたら、体も多少ラクになり、肌も少し回復しました。

レとり肉などの良質のたんぱく質を食べるようにした

とり肉なんかの「質のイイタンパク質」を取るようにしました。

これは白髪のためというか、あまりに老化がはげしいのでやった・・・・という感じです。

白髪に効果はあったかはイマイチわかりませんが、体に力が入るようになりました。肌のくすみも多少改善されました。

 

夜勤をやってると老けてきます。その理由は夜勤で老ける理由と対策方法【睡眠・ホルモンバランス・食事】の記事にくわしく書いてるのでどうぞ。

イライラして性格が悪くなり彼女とケンカばかり

夜勤をやってると、イライラとストレスがたまってました。

付き合っていた彼女会ってもケンカすることが多く

「性格が昔より悪くなった」

とストレートに言われたこともあります。

自分でもだんだんと性格が悪くなってるという自覚はありました。

とはいえ、夜勤をやってるとイライラとストレスがたまって、自分に余裕がなくて、どうしようもなかったんですね。

彼女とうまくいかなくなってきて

「夜勤をやってると、大事なものを失いかもしれない・・・・」

という危機感はかなり大きくなってきました。

【参照記事】夜勤のシフト制で休みが合わない彼女と付き合う方法【スレ違い防止】

性格が悪くなったと両親に言われた

両親にも

「性格が悪くなった」

と何度か言われたことがあります。夜勤をやってるといつもイライラしてるとたまに実家に帰って両親にもイライラをぶつけることがありました。

27~28歳あたりは本当に毎日イライラいていて、人生でも最悪の状態でした。

夜勤をやってるとストレス度合いにもよりますが、性格が悪くなるような気がします。

【参照記事】夜勤で性格が悪くなる理由【ストレス・ホルモンバランスの乱れ】

うつ病になった

28歳の時に、あまりに眠れなくて、体の調子も悪くて・・・・

内科に行ってみてもらうと

「うつ病の可能性もある、心療内科で見てもらったほうがイイ」

と言われました。内科の先生に心療内科を紹介してもらって、診てもらいました。

「うつ病ですね。眠れないのはストレスでまいってるからですよ・・・」

抗うつ剤をもらって、飲むようになりました。

ずっと「夜勤のない仕事をしよう」と思っていたのですが、医者から

「うつ病」の言葉を聞いたときに

「あ、これはもう夜勤はやめたほうがイイな・・・・」

と完全に決心がつきました。

【参照記事】夜勤でうつ病になる原因と予防方法【仕事よりも健康が大事です】

【追記】うつ病になってから夜勤のない仕事に転職活動した

【追記】うつ病になってから夜勤のない仕事に転職活動した

うつ病になったからもだましだまし夜勤を続けていました。

それでも、少しずつ求人を見たり、面接を受けたりして、夜勤のない会社を探していました。

半年くらい転職活動して、夜勤のない製造メーカーに内定が決まりました。

30歳になる直前でした。

夜勤がなくて、普通に昼に寝るようになったら、ストレスも減り・・・

甘いものもたいして食べなくなり、夜ねむれるようになり睡眠薬も必要なくなりました。

筋トレも再開して、体も動くようになり、体もシマってきました。

なにより、生活に余裕が出たのでイライラすることがなくなり、性格がおだやかになってきました。

上手くいってなかった彼女との距離ももとにもどって結婚の話も出るようになりました。

体調不良の時の対応方法

体調不良の時の対応方法は以下の通りです。

・まずは病院に相談しましょう
・睡眠を最優先の生活をする
・酒・タバコはなるべくひかえる
・夜勤のない仕事をする

まずは病院に相談しましょう

体調が悪くて「ヤバいな」と思った時は、病院に行って相談しましょう。

ヘタをすると重い病気になってるかもしれません。

それに、血液検査をすれば、血圧が高いとか、コレステロールがたかいとかがすぐにわかります。

自分の体の不調がどのあたりから来てるのかがわかれば対策ができます。夜勤をやってるとやっぱり病気になりやすいです。脳梗塞・心筋梗塞で倒れているひともいます。

※夜勤をやってると脳梗塞・心筋梗塞になりやすい理由については夜勤をやると脳梗塞・心筋梗塞のリスクが高まる理由【予防法あり】の記事にくわしく書いてるのでどうぞ。

夜勤をやってると、ついつい体調が悪いくらいだと、スルーして生活しがちなので、まずは病院に行きましょう。

睡眠を最優先の生活をする

夜勤をやるときには睡眠を最優先の生活をしましょう。

昼間に寝ても、夜に寝るほど深くは眠れませんから・・・・それでもなるべく、睡眠の質をよくするようにしましょう。

そうしないと、だんだんとホルモンバランスもくすれて、体調が悪くなってきます。

寝ないで遊びに行ったりするのも気持ちはわかりますが、これがだんだんと疲れがたまってきて体調が悪くなるので、睡眠を最優先する生活をしましょう。

参照記事:夜勤期間に入る前と夜勤期間が終わった後の体調をくずさない過ごし方

酒・タバコはなるべくひかえる

酒・たばこはひかえましょう。

夜勤をやりながら酒・たばこをやってると本当に、体調が悪くなります。

私の工場で定年まで夜勤をやっている人で

夜勤を何十年も続けている
酒を飲む
タバコを吸う

って人はたいてい

「顔がドス黒い」
「目がにごっている」
「ヤセている」

こんな人が多かったです。

そして60歳で定年して仕事を辞めると数年後に亡くなる人が本当に多かった・・・・

夜勤+酒+タバコ

はかなり体にダメージを与えるので、できれ酒たばこは控えめにしましょう。

参照記事:夜勤でタバコが吸いたい 寿命がメチャ縮む理由とタバコをやめる方法

夜勤のない仕事をする

結論を言うと、夜勤のない仕事をやると、体調はかなり回復します。

夜に寝るようになって、生活サイクルが乱れなくなると、わりと早目に回復します。

もちろん、若ければ若いほど回復するスピードは速いです。

「この仕事でなければダメだ、夜勤があるけどこの仕事だけはやめられない」

といった理由があるならしょうがないです。

とはいえ、大きな理由が無ければ、夜勤のない仕事をさがして体をいたわるのも、あなたの時に性にとってとても大事なことです。

体調不良だから今の仕事を辞めるってのは、前向きな辞め方です。その理由は夜勤のある仕事を辞める理由が「体調不良だから」でもイイ理由の記事にくわしく説明してるのでごらんください。

まとめ

夜勤をやってると必ずといっていいほど体調が悪くなります。

夜勤の仕事をつづけていいうには、体調が悪くなることはある程度覚悟が必要です。

それでも、なるべく体をいたわって無理せず仕事をしていきましょう(/・ω・)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました